プロフィール

スタッフ

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

メイン | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月29日 (火)

ゆるり家のメニュー

当店の女性店主は洋食から料理人の世界に飛び込みました。その頃は「目で見て、体で覚えろ」の時代。天ぷら油の温度は指を突っ込んで計り、オーブンで火傷したら「もう一度突っ込んで焼直したら治る」と言われ、返事が小さいとフライパンが飛んで来ると言う殺伐とした厨房だったそうです。

女性に料理が出来るわけがないと言う男尊女卑、そんな人たちに認めてもらいたい一心で努力して、今があるのです。

その洋食での仕事を続けながら、親友の親が営んでいた郷土料理店にも籍を置き、昼は洋食、夜は郷土料理店で和食を学びました。当店のメニューが和洋折衷の由縁です。洋食店とは言えジャンルは広く、実は中華料理も得意料理のひとつです。

食材によって、和洋中を使い分け、一番美味しいであろう調理方法でお客様にお出しする、それがゆるり家のスタイルです。バラエティ豊かな調理方法の数々も注目してみてください♪

2014年7月27日 (日)

道産子のお酒

ビールは王道、サッポロビール。弊店はクラシックです。クラシックは北海道限定ビールだって、知ってましたか?盛んに宣伝してますけど、スルーしちゃっているもんです(笑)。毎日サーバーを洗浄して、殺菌して、ベストコンディションでお客様にお出ししています。レーシングとフロスティミストも見てみてくださいね。

日本酒は日本清酒、千歳鶴と柴田。日本清酒、千歳鶴の水は札幌の水。瑞翔、柴田、なまら超辛、千歳鶴をご提供しています。

焼酎、サッポロソフトで知られる札幌酒精で統一。原料は全て北海道産で、さつま芋(黄金千貫)、芋(メークイン)、麦(北海道産二条大麦)、昆布(北海道産)の四種が乙類として揃踏みしています。

北海道の焼酎ここにあり!芋焼酎は九州に負けません!!

ウイスキー。

ニッカです、北海道は。秋から連続テレビ小説も「竹鶴」です。髭のラベルはススキノの象徴でもあります。ブラックニッカと竹鶴、置いてます。

サワーはサッポロの氷彩、ワインは余市、スパークリングワインはサッポロのポールスター、ラム酒はサッポロ扱いのバカルディ。

道産子なら、ウチでは北海道産を飲んでください。堪能してくださいね♪

2014年7月26日 (土)

当店の料理

一番最初の記事に書きましたが、当店は全て手作りの料理をお出ししています。

来店されたお客様はお分かりかと思いますが、それでいて出てくるのが早いと思いませんか?実は、昼には店主が店に入って、全て仕込みをしているんです。そして、長年(笑)の経験を活かして、複数以上のオーダーが来るとどのテーブルからかと、ガスの利用、オーブンの焼けあがり速度を瞬間的に計算して、並行作業をスタートさせ、順次に仕上げてお出しする。それが素早くお客様にお出しできる秘訣。

それもまた当店の自慢のひとつです。

2014年7月20日 (日)

外国からのお客様♪

7/19、開店して初めて外国人のお客様がいらっしゃいました。

どぎまぎしながらイケメンマスター(笑)と看板娘が応対。

英語と片言の日本語を話せたから助かりました(-_-;)

5人で入店して、3人が味めぐりコースで、2人はフリーとのこと。

何とかそれを理解してお料理とお酒スタート。

「スシ」と言われましたが、さすがに寿司飯は用意していないのでお断りしました。

味めぐりコース、刺身からスタートして「Good!」と指で。

お芋のバター煮はみんなで回し食べ。

汁まで飲み干してくれました。

豚キムチ天ぷらと土佐揚げ豆腐混載の揚げ物、おろしと生姜を指さして、天つゆに向かって「With in」。理解してくれたみいです。

グラタン、美味しかったみたいでライスをオーダー。そのライスの上にグラタンを載せて「ドリア」に。これもきれいに完食してくれました。

沢庵が食べたいと言われサービスでお出しして、これも完食。〆のパスタまで一直線、全てきれいに完食してくれました。飲んだお酒はビール、焼酎、日本酒、ウイスキー。全て北海道産であることが嬉しいと言ってくれました(こちらはもっと嬉しかったです)。ジンギスカン陶板を追加オーダーしてくれ、これもきれいに完食。残さず食べてくれること、これが何よりうれしいですね。

聞けば韓国3人、台湾2人。楽しく会話し、美味しく全て食べてくれた笑顔に国境や紛争は皆無。私たちももちろんです。

「必ずまた来る」と言って、帰っていきました。住所と電話番号も置いて行ってくれました。お店を始めてよかったと思う瞬間がまたひとつ増えました。

ありがとうございました。

2014年7月17日 (木)

はじめまして!手作り創作 ゆるり家です。

2014年3月4日にオープンしたてのお店です。

コンセプトは「ひとつひとつ丁寧に手作りしたお料理で、心と体にやさしい時間をごゆるりとお過ごしください」です。

私自身、サラリーマン時代新人のうちから宴会幹事を仰せつかって歓送迎会、観楓会、忘新年会、更には仕事で接待の数々、プライベートでも同窓会の幹事、自分の率いる野球チームの納会、飲み会等々、過去数百件に及ぶ会合を手掛けてきました(笑)

また食べ歩きも好きなので、すすきのを始めとしてあちこちそちこちあっちもこっちも訪れています。

そんな私が思うこと、それは「良いお店はあまりにも少ない」ことでした。手作り創作 ゆるり家は、私が経験してきたことを踏まえ、まさに自分自身の理想のお店、私自身が絶対に行きたいお店として創りました。

お客様が、毎日一所懸命働き、得たお金で食べに来てくださる。その貴重なお金を頂戴するに相応しいお料理とおもてなしが当店の信条です。

以下、徒然と書き綴ります。

「お料理」

最近は流行りの様に業務用食材店が乱立してるので、みなさんも入ったことがあると思います。販売されている物、よく見ましたか?どこか見覚えあるもの、無かったですか?相当の方が気づいているはずです。ごぼうサラダ、いかおくら、手作りつくね、手羽餃子、イカゲソ揚げ、・・・そう、所謂業務用惣菜と言うやつ。それを解凍、或は火を入れてお客様に出すのが、今の飲食店の主流になりつつあります。例でいえば、よくお通しとしてでるのが「ごぼうサラダ」。解凍して、袋から出してそのままお客様へ。これで350円とか600円とか。お店では作っていなくても、パッケージには「手作り つくね」。確かに「手作り」ですよね(笑)。そんな笑ってしまう様なことが現状。いやいや、笑えませんよね。

当店では業務用惣菜と化学調味料を一切使わず、北海道産食材を中心に全て手作りしています。ポテトフライ、生の芋から作っています。鶏の唐揚げ、下味付けから衣、そして揚げまで全て店内で行っています。お芋のバター煮、店内で4時間以上煮込むので、数量限定です。鶏そうめんやお茶漬け、そして豚キム天や土佐揚げ豆腐を浸す天つゆまでも全て店内で出汁を取って作っています。

手作り創作の名に恥じないお料理を毎日お客様にお出ししています。

「お酒」

食材と同じく、北海道に拘って取り揃えています。ビール、サワー、スパークリングワインはサッポロ。日本酒は札幌の伏流水を使用した日本清酒の千歳鶴。ワインは余市、ウイスキーはニッカ。そして焼酎は原料までも全量北海道産、札幌酒精の喜多里としています。

地酒、焼酎日本全国多々あります。しかし、せっかく北海道に住んでいるんですから、当店では北海道産のお酒を楽しんでください。

「お店」

女性店主が一人で作っているので、箱の大きさには限界がありました。非常に手狭で、カウンター5席、4名ボックスが二つ、2名ボックスが二つの合計17名様しか入れません。しかし広くスペースを取っていることと、天井が高いのでとても落ち着いた空間となっています。

愛煙家のお客様にはご迷惑をお掛けしますが、料理本来の味と香りを楽しんでいただくために、ススキノにある店としては大胆に、全席禁煙とさせていただいております。

「コース・各種プラン」

当店の定番料理をダイジェストで味わえる「味めぐりコース」は、造・焼・揚・炒・煮・〆の全六品を店主がチョイスしてお出しします。生ビール付飲み放題120分が付いて、バリュープライス 3,500円(税込)で提供、しかも当日OKのプランです。

「おまかせコース」、「女子会プラン♪」はお客様がそのシーンと嗜好を当店女性店主に告げてお料理の内容を一緒にプロデュースする、まるでビストロSMAPの様なプランです。店内で全て作っているからこそ出来るプラン、肉汁溢れるハンバークが食べたい、ヘルシーにポトフが食べたい、めでたい席だから鯛の姿造りが食べたい、中華料理を織り交ぜて欲しい・・・出来る限りリクエストにお応えします。この両コースについては2日前までのご予約をお願いしております。

お客様が食べたいお料理をコースにする、これも当店のこだわりのひとつです。

「器」

お料理は綺麗で、とっても美味しいのに器が欠けている・・・よく見かけますよね。某高級店でさえ、平気で欠けた器を出されました。料理は五感で食べるもの。見た目、触感、味覚、音色、香りのどの部分もが揃って初めてひとつのお料理。欠けた器は一切使っていません。そして、少しずつですが、陶芸家さんの器を買い足しています。

心を込めて手作りしたお料理は、少しでも美しくお客様にお届けしたいと思っております。

と・・・書き出すと止まらなくなるのが私の悪い癖(笑)。今日はこの辺としておきます。

ご来店を心よりお待ちしております。

手作り創作 ゆるり家 のサービス一覧

手作り創作 ゆるり家
  • TEL050-3464-1254