プロフィール

スタッフ

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

お店 Feed

2015年1月24日 (土)

緑提灯&北のめぐみ愛食レストラン認定♪

北海道産食材を使用している証しの緑提灯は五つ星、さらに北海道が展開している「北のめぐみ愛食レストラン」にも認定されました。

美味しく安全な北海道の食材をふんだんに使い、それぞれを一番美味しい料理としてお客様にお出しするのがゆるり家の料理。どうぞ安心してお召し上がりください。

ご来店を心よりお待ちしております♪

2015年1月 5日 (月)

今日から営業です!

いよいよ今日から営業します!

嬉しいことにお休み中もご予約の連絡を戴き、良い年明けとなりました。

今年も元気いっぱい頑張りますので、是非いらしてくださいね♪

皆様の元気な笑顔にお会い出来ることを楽しみにしております。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2015年1月 3日 (土)

年始の営業は1月5日からです。

正月も三が日が過ぎ、そろそろ羽を伸ばしたくなる今日この頃かと拝察いたしますw

手作り創作ゆるり家の年始は1月5日です。

また皆様の笑顔にお会いできることを楽しみに、心よりご来店をお待ちしております。

2014年10月11日 (土)

新たにまた器を揃えました。

当店の食器、一番数多く利用させて頂いているのが、札幌市南区南の沢にある「器や ねこやなぎ」さんの陶器です。

器の色合い、形がとっても馴染むんです。「普段使い」と言われてますが、当店のお料理をこの器に盛り付けるととても映える!んです。

10月初旬にオープンショップがあり、開店と同時にたくさん買い漁ってきました(笑)。その器たちが続々と仲間入り、皆さんの前にお披露目始めしています。お料理と一緒に器も楽しんで欲しいな。

「器や ねこやなぎ」さん、Very,thanks!

2014年8月13日 (水)

お料理とお酒、そのものの見た目ももちろんですが、やはり載せる器にも大きく左右されます。一所懸命作ったお料理の晴れ舞台、良い着物を着せて立たせてあげたいのが親心。少しずつではありますが、お気に入りを見つけては買い足しています。少しずつですけどね…お高いのももちろんですが、なかなかお気に入りが見つからなかったり、数が揃わなかったり、機能的に不十分だったり。止む無く量販の器も使用してはいますが、デザインや機能は吟味したものです。

食器→吉田南岳氏、器や ねこやなぎさん、斜里窯さん、アトリエ陶さん、足立直子さん。酒器→工藤和彦氏、中島知之氏、こぶ志窯さん、ふくはらさん、そして小樽窯。お客様の前にたま~に登場しますので、チェックしてみてくださいね。

2014年7月17日 (木)

はじめまして!手作り創作 ゆるり家です。

2014年3月4日にオープンしたてのお店です。

コンセプトは「ひとつひとつ丁寧に手作りしたお料理で、心と体にやさしい時間をごゆるりとお過ごしください」です。

私自身、サラリーマン時代新人のうちから宴会幹事を仰せつかって歓送迎会、観楓会、忘新年会、更には仕事で接待の数々、プライベートでも同窓会の幹事、自分の率いる野球チームの納会、飲み会等々、過去数百件に及ぶ会合を手掛けてきました(笑)

また食べ歩きも好きなので、すすきのを始めとしてあちこちそちこちあっちもこっちも訪れています。

そんな私が思うこと、それは「良いお店はあまりにも少ない」ことでした。手作り創作 ゆるり家は、私が経験してきたことを踏まえ、まさに自分自身の理想のお店、私自身が絶対に行きたいお店として創りました。

お客様が、毎日一所懸命働き、得たお金で食べに来てくださる。その貴重なお金を頂戴するに相応しいお料理とおもてなしが当店の信条です。

以下、徒然と書き綴ります。

「お料理」

最近は流行りの様に業務用食材店が乱立してるので、みなさんも入ったことがあると思います。販売されている物、よく見ましたか?どこか見覚えあるもの、無かったですか?相当の方が気づいているはずです。ごぼうサラダ、いかおくら、手作りつくね、手羽餃子、イカゲソ揚げ、・・・そう、所謂業務用惣菜と言うやつ。それを解凍、或は火を入れてお客様に出すのが、今の飲食店の主流になりつつあります。例でいえば、よくお通しとしてでるのが「ごぼうサラダ」。解凍して、袋から出してそのままお客様へ。これで350円とか600円とか。お店では作っていなくても、パッケージには「手作り つくね」。確かに「手作り」ですよね(笑)。そんな笑ってしまう様なことが現状。いやいや、笑えませんよね。

当店では業務用惣菜と化学調味料を一切使わず、北海道産食材を中心に全て手作りしています。ポテトフライ、生の芋から作っています。鶏の唐揚げ、下味付けから衣、そして揚げまで全て店内で行っています。お芋のバター煮、店内で4時間以上煮込むので、数量限定です。鶏そうめんやお茶漬け、そして豚キム天や土佐揚げ豆腐を浸す天つゆまでも全て店内で出汁を取って作っています。

手作り創作の名に恥じないお料理を毎日お客様にお出ししています。

「お酒」

食材と同じく、北海道に拘って取り揃えています。ビール、サワー、スパークリングワインはサッポロ。日本酒は札幌の伏流水を使用した日本清酒の千歳鶴。ワインは余市、ウイスキーはニッカ。そして焼酎は原料までも全量北海道産、札幌酒精の喜多里としています。

地酒、焼酎日本全国多々あります。しかし、せっかく北海道に住んでいるんですから、当店では北海道産のお酒を楽しんでください。

「お店」

女性店主が一人で作っているので、箱の大きさには限界がありました。非常に手狭で、カウンター5席、4名ボックスが二つ、2名ボックスが二つの合計17名様しか入れません。しかし広くスペースを取っていることと、天井が高いのでとても落ち着いた空間となっています。

愛煙家のお客様にはご迷惑をお掛けしますが、料理本来の味と香りを楽しんでいただくために、ススキノにある店としては大胆に、全席禁煙とさせていただいております。

「コース・各種プラン」

当店の定番料理をダイジェストで味わえる「味めぐりコース」は、造・焼・揚・炒・煮・〆の全六品を店主がチョイスしてお出しします。生ビール付飲み放題120分が付いて、バリュープライス 3,500円(税込)で提供、しかも当日OKのプランです。

「おまかせコース」、「女子会プラン♪」はお客様がそのシーンと嗜好を当店女性店主に告げてお料理の内容を一緒にプロデュースする、まるでビストロSMAPの様なプランです。店内で全て作っているからこそ出来るプラン、肉汁溢れるハンバークが食べたい、ヘルシーにポトフが食べたい、めでたい席だから鯛の姿造りが食べたい、中華料理を織り交ぜて欲しい・・・出来る限りリクエストにお応えします。この両コースについては2日前までのご予約をお願いしております。

お客様が食べたいお料理をコースにする、これも当店のこだわりのひとつです。

「器」

お料理は綺麗で、とっても美味しいのに器が欠けている・・・よく見かけますよね。某高級店でさえ、平気で欠けた器を出されました。料理は五感で食べるもの。見た目、触感、味覚、音色、香りのどの部分もが揃って初めてひとつのお料理。欠けた器は一切使っていません。そして、少しずつですが、陶芸家さんの器を買い足しています。

心を込めて手作りしたお料理は、少しでも美しくお客様にお届けしたいと思っております。

と・・・書き出すと止まらなくなるのが私の悪い癖(笑)。今日はこの辺としておきます。

ご来店を心よりお待ちしております。

手作り創作 ゆるり家 のサービス一覧

手作り創作 ゆるり家
  • TEL050-3464-1254